• ホーム
  • 株で短期間で儲けたい!という思考は危険?

株で短期間で儲けたい!という思考は危険?

財布にあるお金

株は中長期的な戦略で取引をすれば、損失が小さくなります。
しかし初心者の多くは、すぐにでもお小遣いを増やしたいと短期的な投資にチャレンジしがちです。

デイトレードのような短期的な投資は素人が行うとギャンブル性が高くなります。
デイトレードでは1日中コンピュータを起動させ、値動きをチェックしています。

通常は株は運で利益が出るものではありませんが、一気に値上がりすると競馬やパチンコで大勝ちしたような高揚感に包まれます。

人はストレスを感じるとノルアドレナリンが分泌されて、ストレスによってもたらされる危険から守ります。
一方でリスクを避けないことでスリルを感じると、快感物質のドーパミンが分泌されます。
デイトレードはノルアドレナリンによって強い緊張感を常に持ち続けますが、利益が出るとドーパミンで心地良さを感じてしまうので歯止めがきかなくなります。

さらにデイトレードは利益も小さくなる傾向があります。
短期間しかポジションをとらないので、リスクが軽減するのは確かです。
しかし同時にリターンも小さくなるので、中長期的な投資を続ける人の方が儲けを出しやすいです。
デイトレードで利益をたくさん出すためには、たくさん株を売買しなければなりません。
その度にリスクはついてまわるので、本来はリスクが小さいデイトレードもリスクが高くなり、リターンは小さいままです。

デイトレードで欠かせないのが、チャート分析です。
チャートの特徴的な動きを見て、売買のタイミングを見つけます。
しかしチャート分析は結果論であることが多く、分析しても予想通りの動きを見せることは少ないです。
プロの投資家は損失を抑えるには長期的な運用が大切だと分かっています。

関連記事