• ホーム
  • NTT傘下にあるグループ株は投資に適した信頼が魅力

NTT傘下にあるグループ株は投資に適した信頼が魅力

顎に手を当てる

あのリーマンショックの時でもNTT株は、急落が穏やかだった安定株が特徴の通信サービス企業です。
安定した株価の流れは、NTTの企業歴史にあります。
その企業歴史とは、日本国内の通信電気事業を行っていた国営公社であった日本電信電話公社の歴史があります。
この国営公社であった事が、企業基盤になっています。
その為に信頼度の高い企業性と電話回線事業を独占で行った事で、電話基本料の徴収収益があります。
ですから企業として、安定感のある株価の動きです。

公社から民間企業への移行した時には、初値が短期間に二倍以上に跳ね上がった輝かしい黄金時代を持つ企業歴史です。
NTTは、NTTグループである持ち会社です。
ですから多くの傘下企業があり、携帯電話サービスの大手企業もその一つです。
案外知られていないグループの傘下企業には、外食産業のレストラン・チェーンを行う企業が含まれます。
他の企業グループには、通信サービスを基盤とした傘下企業のある特徴です。
グループの傘下企業である事で、株価の値動きも順調です。

比較的に大手の通信サービス企業株は、高値の値幅を維持する企業が多い傾向があります。
話題の出来事では、スポーツ選手のスポンサーになっているNTTです。
近頃、不法の賭博疑惑等で世間を騒がせてはいますが、株価が下落傾向になると値ごろ感で買われる大手の強さがあります。
グループ傘下企業の行政は、携帯電話普及の飽和化と固定電話の減少等の問題を抱えています。
その反面、通信データ管理サービス企業やインターネット関連のNTTグループ傘下企業は、今後も注目されます。
またNTTですから傘下企業と言うだけで、良好な買値の値動きをしています。
仕事やプライベートになくてはならない通信サービスは、NTT同様に株価が気になる存在です。

関連記事